犬に表れる皮膚病を知って予防を促していきましょう

犬沢山
子犬

需要の増加が予測されます

大阪ではペット葬儀の需要が拡大しており、参入事業者が増えています、さらに今後はニーズの多様化が予測することができます。また、ペット葬儀を行う際には、事業者の葬儀場窓口を利用することで、費用の把握や葬儀、埋葬方法の確認ができるのでコストを抑えることができます。

More...

正しい予防と注意点

病気の原因と対策

受診中

犬の病気として飼い主を悩ませる最も大きなものは皮膚病です。 全身を毛で覆われており、汚れや雑菌を寄せ付けやすいため、犬は特に皮膚病に掛かりやすいのです。 飼い犬が頻繁に毛づくろいをするようになったり、フケや抜け毛が増えたと感じたならば、それは皮膚病のサインかもしれません。 正しい予防法を取って飼い犬を皮膚病から守ってあげましょう。 皮膚病の原因は大きく3つあり、ダニ・ノミによるもの、細菌・カビによるもの、アレルギーによるものが挙げられます。 それぞれに適した治療法がありますが、飼い主の手によって日頃の手入れをすることが何よりもの皮膚病対策です。 普段から飼い犬のシャンプーやブラッシングに力を入れていれば皮膚病予防になりますし、発祥しても毛度で済みます。

正しい予防方法

犬の皮膚病を予防するにあたり、最も大切なのはシャンプーをしてあげる事でしょう。 月に2〜3回ほどのシャンプーによって犬の毛に纏わり付いた汚れを落としてあげ、清潔を保ってあげるのです。 これは皮膚病の原因を洗い流すのですから、どのような原因であっても有効な手段だと言えます。 もちろん清潔な身体であれば、飼い主が触れ合う際にも良好な関係を結びやすいといった嬉しいメリットがあります。 また、ブラッシングも欠かせない予防法の一つです。 ブラッシングによってムダ毛を取り除くことで、病気の原因が必要以上に体へ付着することを防ぐ事が出来ます。 またシャンプーにも言えますが、ブラッシングによって犬の身体を刺激してあげることで血行を良くし、その他病気の予防にもつながるのです。

ペットが亡くなった場合

遺骨

ペット葬儀は、家族と同じように葬儀ができるサービスです。主な費用は、亡くなったペットの大きさと、葬儀の形式によって決められます。今まで過ごしたペットとの日々を良い思い出に変えるいい機会にもなるので、年々需要が高まっています。

More...

ペットを預けるとしたら

クッション犬

海外旅行へでかける場合ペットをどうしていますか。近隣の方にお世話を頼める場合はいいですが、ペットホテルに預ける場合、地元のペットホテルもいいかもしれませんが、成田空港のそばのペットホテルにお願いすると出国の際はぎりぎりまで、帰国の際はすぐに可愛いペットに対面できます。

More...

オススメリンク

  • ペット葬儀なび

    ペット供養を依頼するという場合はこちらに相談。24時間電話で受付けているので、気軽に相談を進められます。